横浜ベスト遺品整理社について

横浜ベスト遺品整理社は、遺品整理や生前整理および終活の専門企業です。

2010年の設立以来、遺品整理というご遺族にとって特別な作業を、より負担なく快適に行っていただくために、お客様にご納得いただけるサービスの提供および改善に取り組んでいます。

常にお客様の利便性を追求している当社は、以下の項目を積極的に実施しています。

  • お客様のご都合に合わせた作業期間の設定
  • 神奈川県横浜・川崎/東京都町田市・相模原エリアの自治体の特性を熟知した機材車両、運搬車両、搬出方法の策定
  • お客様のご意向に沿った整理作業の方針を設定

実家の整理を行うために最適化された「一歩進んだ遺品整理」を追求しています。

横浜ベスト遺品整理社一同は、ご用命にお応えします。

横浜ベスト遺品整理社では、気持ちの良い作業を行うための、あいさつ、礼儀作法を社をあげて徹底しています。

当たり前のことだからこそ、当たり前に行うことを、社員一同、毎日欠かさず取り組んでいます。

故人様やご遺族の方の想いの品を整理する仕事だからこそ、単に整理する、綺麗にするということだけではなく、お客様の手となり、足となって、遺品整理の作業を行います。

私たちが、「お客様からご用命いただいた」という事、

私たちが、「お客様の整理を担当させていただく」という事を常に念頭に、作業を実施します。

お客様にご用命いただいた仕事を、誠心誠意行うこと。

この積み重ねが、設立されて以来、ご支持をいただいているものと自負しております。

社史

たくさんのお客様との出会いを大切に、私たちは、遺品整理事業に携わってもうすぐ20年目を迎えます。

出来事
2000 上原貴彦が家財整理を行う個人事業主として創業
「遺品整理」という言葉が定着していなかった当時、家財整理といえば、
不要なものを選別して、ゴミとして破棄するという作業でした。
その多くが故人の「遺品」であり、業界に対する忸怩たる思いを持つようになりました。
上原自身が、どのように「遺品」を整理する作業に対して取り組んでいくか、自問自答の日々が続く中で、10年の月日が経ち、他業者と作業を共にした際に、他者には無い多くのノウハウを蓄積していることに気づき創業を決意しました。
2010 創業以来10年間のノウハウをもとに「横浜ベスト遺品整理社」を設立。
上原自身が獲得してきたノウハウをサービスへと変換し、親交の深い仲間とともに合同会社を設立。横浜ベスト遺品整理社として蓄積されたノウハウを広く提供する機会に恵まれます。
2011 一般社団法人遺品整理士認定協会から遺品整理士資格を取得
この時、遺品整理の社会的な重要性を強く感じるようになりました。
その後、年月が経過するに従って、「終活」および「遺品整理」という言葉が、テレビ、新聞といったメディアで登場し、話題となっていました。
遺品整理が、市民権を得て、仕事が忙しくなるにつれ、悪徳業者の存在も目立つように。
横浜ベスト遺品整理社は、上原自身が信頼できる業者との提携関係を徹底し、お客様に安心感のある作業を提供するために奔走しました。
2018 遺品整理・生前整理案件数が年間520件となる。
担当させていただいたお客様に支えられ、おかげさまで創業以来20年を目前に、担当した遺品整理は、のべ2,000件を超えることが出来ました。