ご依頼をいただくお客様にとっては、遺品整理であれば、ご葬儀の費用に加えて遺品整理の費用を捻出しなければなりませんし、生前整理であれば、老人ホームなどへの入所費用やこれからの支出を考えると、ご実家の整理を安く済ませたいとお考えになることは、当然のことです。

しかしながら、「安い」だけで選ぶと大きなリスクとなる一生に一度の遺品整理や生前整理。

一体、遺品整理や生前整理の料金を安くすることはできるのでしょうか。

横浜ベスト遺品整理社では、お客様により満足していただける遺品整理や生前整理を目指して、専門企業ならではの取り組みを続けています。

横浜ベスト遺品整理社の料金がどのようにして設定され、なぜ低価格な遺品整理費用を実現できるのか、その理由をご紹介いたします。

遺品整理の本質は、経験に基づく迅速な仕分け作業に現れます。

遺品整理など実家の整理で、私たち遺品整理業者が作業をさせていただく大きな理由の一つが「仕分け」です。

単に「仕分け」と表現していますが、実はこの仕分け作業に、数千件に上る現場を経験してきた私たちの知見が総動員されているのです。

仕分けの様子
先日行った遺品整理での1シーン。仕分け点数は、大小含めておよそ500点。仕分けに要した時間は4時間程度となりました。

例えば、お客様が不用品と判断された物品でも、私たち遺品整理業者は、次のような判断基準で仕分けを行います。

  • お客様が不用品と判断されても、実は価値のあるものではないか。
  • リサイクルが可能な物品でないか。
  • 資源として再利用できるものかどうか。
  • 海外へ輸出することで再利用が見込まれる物品かどうか。

などといったような判断を限られた作業時間内に、瞬時に行っています。

高コストな処分費用を抑えて、低価格な遺品整理を実現するために

1980年代初頭から「地球温暖化」に注目が集まり、2000年代には世界規模の問題として語られることが多くなった環境問題ですが、この環境意識の高まりから、不用品やゴミの処分費用は、飛躍的な高コストになっています。

無論、環境問題は私たちの子孫に大きな影響を与えるものですから、私たちも大きな関心を寄せています。

しかしながら、この高コストな処分費こそが、結果として実家を整理するお客様にとっての大きな負担になっているのです。

そこで、横浜ベスト遺品整理社では、遺品整理の際に出てくる不用品を徹底して分別し、リサイクルや、再利用可能なもの、資源としての処理が可能なものを見つけ出します。

ご遺品の仕分けを行うことで、リサイクルや再利用、海外への輸出可能な物品によって、出来るだけ物品、物資の廃棄処分をすることなく遺品整理作業を完了させているのです。

この「仕分け」を全て私たちにお任せいただくことによって、処分代を大幅に削減し、処分費として計上する金額の削減も可能となるのです。