遺品整理 掲載

知らないことばかりの実家の片付けの価格を解説します。

実家の片付けをお考えの方に向けて、お伝えしておきたい内容をまとめました。業者に依頼すれば良い、といった単純な尺度ではなく、実家の片付けについて知っておくべき内容を厳選しました。
更地になった解体後の家の画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • Pocket

この記事をご覧の方は、実家のお片づけをお考えの方も多いかと思います。

ご実家の整理を決意された後に気になるのは、費用や価格についてではないでしょうか。

今回はこの点を重点的に解説させていただきます。

実家の片付けの費用は30万円〜200万円

実は、遺品整理や生前整理を専門とする当社にとって最も多いご依頼が「ご実家のお片づけ」なのです。

「遺品整理」などという四文字熟語ですから、何か仰々しく感じてしまうこともあろうかと思いますが、本質は遺品整理=ご実家のお片づけなのです。

では、どのくらいのお金が必要なのでしょうか。

結論を先に申し上げてしまいますと、一般的な実家の片付けの費用は30万円〜200万円です。

金額に大きな開きがあるようにお感じになるかと思いますが、これには理由があります。

実家のお片づけは、お片づけを終わらせて何をするか、で大きく異なるからです。

どのようなケースであっても、実家のお片づけの中に、仕分けと荷物の搬出が伴います。

これは遺品整理でも全く同じことのため、遺品整理の相場が実家のお片づけに必要な金額の相場と考えることができます。

先述した30万円〜200万円のうち、あなたのご実家にある物の仕分けと搬出についての金額の相場は「遺品整理の相場が5分でわかる! 作業の費用を詳しく徹底解説」にて詳しく解説しています。

では、実家の片付けをスムーズに行うためにあなたが知っておくべきこととはなんでしょうか。

それは「目的に合わせて計画を練ること」に他なりません。

まずは、あなたの目的に合わせて場合分けをすることが必要なのです。

実家の片付けを場合分けする。

実家の片付けの目的を大別すると、以下のようになるかと思います。

  • 大掃除として実家の片付けを行う。
  • 実家を片付けて、引き続き活用する。(暮らす)
  • 実家を一旦、空き家にする。
  • 実家を片付けて、人に貸す、あるいは売却する。
  • 片付け終わった実家を解体する。

これから一つずつ見ていきたいと思います。

実家の片付けを大掃除として捉える場合。

実家の片付けを大掃除として捉える場合には、生活に必要な家電や家具は残した状態で、ホコリや不要なものを処分するようなことが考えられます。

この場合、掃除に必要な時間を見積もって、2週間から1ヶ月程度のスパンで一部屋ずつ無理なく掃除していくプランニングが良いでしょう。

この場合には、業者に依頼せずとも、家族で協力して行うことで十分に対応が可能です。

この大掃除にもいくつかのポイントがあります。

特に、大掃除について重要なポイントは、生活する「動線」を意識することです。

この動線を意識することで、掃除が簡単で汚れにくい部屋にすることができます。

当社でもハウスクリーニングとして承ることはございますが、一般にここまではご家族で対応されるお客様が多い印象です。

実家を丸ごとお片づけする場合。

続いて、ご実家を片付けて引き続き活用する場合や、空き家にしたり、賃貸・売却に活用する場合を考えてみたいと思います。

こうしたケースでは、ご実家を丸ごと片付ける必要が出てきます。

この時、ご実家を家具や家電などすべての物品に対して、要不要の仕分けや必要ないものの搬出が伴うため、私たちのような遺品整理を行う業者に依頼しようかと迷われる場合も多いかと思います。

仮に実家のお片づけを自分で行おうとした時、丸ごとキレイにしようすると膨大な時間と労力を覚悟せねばなりません。(概ね2週間以上必要かと思います。これについては「実家の整理に必要な時間に驚愕」をご覧ください。)

丸ごと実家をお片づけする場合には、あなたの時間と労力を大幅に削減できる業者の活用を視野に入れてみてもいいかもしれません。

実家の片付けを業者に依頼すべき3つの理由

仮に実家を空き家として管理する場合には、管理方法についてよく検討されることをお勧めします。

実家を片付けて解体する場合。

実家を解体する前提の場合にも、お部屋にものを残したまま解体することはできませんので、仕分けや搬出といった作業が必要になります。

新たに有効活用するために更地にしたいと考えたり、相続税の観点から新しいお家を建てられる方もいらっしゃるからです。

先ほど30万円〜200万円と例に挙げた高額になる実家のお片づけは、解体の料金を含めたケースのことです。

自治体によっては、該当地域にて補助金を受けて解体することもできることがあります。

横浜ベスト遺品整理社では、ご実家の解体についても承ることができるため、実家を片付けて解体されたいと考える方のご依頼も増加傾向にあります。

実家を片付けるときに、あなたが知っておくべきこと。

ご実家を片付けると決心されるまでの経緯は、千差万別です。

退去期限がある場合や、ご自身で決心されたからとか、令和の時代になったから、といった理由を伺います。

重要なのは考えられる時間が与えられている場合には、時間をかけて判断すべきということです。

当たり前のことですが、一度片付けたら元には戻せません。

本当に当たり前のことなのですが、この点が抜け落ちていらっしゃる方は意外と多い印象です。

私たちは、近隣の住民の方など社会的に迷惑がかからない範囲であれば、ご依頼主の方が、真剣に悩んで結論を出すまで安易に片付けをされなくても良いのではないか、と考えています。家族でよく相談せず早々に決断を下した後に、後悔があってはならないと考えているからです。(もちろんゴミ屋敷のようになってしまっていたり、管理できない空き家になってしまう、といった場合は、早い判断が望まれます)

実は、場合分けをお勧めしている理由がここにあります。

つまり、片付けたという事実や結果だけに着目すると後悔することがあるのですが、片付けた先にどのようにしたいのか、という点を明確にしておくことで、様々な後悔を避けることができるのです。

逆に言えば、片付けた先にどのようにしたいのか、ということが決まらないまでは、よく考えられることをお勧めしているのです。

実家の片付けは、意外と簡単に出来るかもしれない。

現代には、様々なサービスが提供されています。

実家の片付けについても同様に、多様化していくサービスの中に含まれているのではないでしょうか。

こうしたサービスを賢く利用することによって、納得したご実家の整理が可能となるのです。

実家の片付けについて、お客様が知らないこと(細かなことから法律など大きな事柄まで)私たちに知見があります。

例えば、当社の場合にはお電話のご相談だけでも多くのご意見をお客様に提供させていただいております。

当社でご依頼いただく必要はございませんので、決め手がなかったり、少しでもお困りなことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ご実家の整理で悩まれている方の助けとなれば、こんなに嬉しいことはありません。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • Pocket