遺品整理 掲載

5分で解決!誰もが知りたい遺品整理の相場と作業の費用とは

また、公開後この記事は に更新されています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • Pocket

遺品整理の相場について、あなたが遺品整理を業者に依頼する時には、きっと一番に知りたい内容だと思います。
この記事では遺品整理の相場と、作業や部屋の数による違いで発生する金額の差をご説明します。
遺品整理の費用は業者のホームページを見比べても最も安い場合の金額で記載されていたり、トラックの台数で書かれていても分からなくて実際に見積もりの時に驚かれる方も多くいらっしゃいます。
遺品整理の相場であなたが迷わないために、これから遺品整理を業者に依頼することを検討している方は必見です!

遺品整理の相場を知ることで料金のトラブルを回避しよう!

遺品整理の費用で悩んでいる女性
遺品整理の相場を知るために、あなたは業者のいくつかホームページなどに掲載されている価格表を調べると思います。
しかし、遺品整理を業者に依頼した時に初めて分かることが部屋の間取りと作業量で費用が大きく変わってしまうことをご存知でない方も多くいらっしゃいます。
遺品整理の業者がホームページにて掲載している料金表は最低価格である場合が多く、実際に見積りで分かる金額は表記されている金額より10万円以上の差が出ることも!
遺品整理を代行して作業する業者の多くは遺品整理士認定協会にて遺品整理士という資格を取得した業者や、優良企業と認定された業者は適正価格で掲載しておりますが、資格を持たない業者の中には不当に高額な請求を行うというトラブルも発生しております。
遺品整理士認定協会にて優良企業認定を受けた業者の一覧が紹介されておりますので、業者を探す前に一度確認しておくと良いでしょう。

遺品整理の作業と部屋の数で相場は変わります

マンションと見積書とお金のイラスト
遺品整理では作業の内容と部屋の数によって相場が変わるってご存知ですか?
遺品整理の料金を業者のホームページを調べると、価格の基準が部屋の数の場合もあればトラックの台数やサービス毎で記載しているパターンもあり、業者に依頼する前にかかる費用がいくらなのか分かりづらいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
遺品整理の費用は基本的にご遺品の量・作業を行うスタッフの人件費・ご遺品の搬出経路・清掃や供養などの別途オプション費用によって料金が決定されます。
実家にご遺品の量がどれくらいあり、トラックが何台必要になるかの計算は、物の運搬に慣れている人や専門家ではない限り判断が難しいでしょう。
遺品整理を行う業者がよく営業で用いる手法として、部屋の数を目安にしてホームページで記載されていることが多いです。
そこで、業者が公開している金額の目安から遺品整理の相場をご紹介します。

1K~1DKの遺品整理の料金は?

25,000円〜80,000円
単身者向けのマンションやアパートなどで、家族と離れて暮らしている方からのご相談が多い物件になります。
必要最低限の量にだけ留めて暮らす方もいれば、大量に購入して溜めておく習慣がある方などの、生前の人柄によって物が多かったり少なかったりします。
特殊な事例としては中には認知症を患ってしまい天井に届かんばかりに大量の不用品が山積しているケースもあり、状況によっては別途追加費用が発生する場合にはお見積り時に遺品整理士から説明があります。
老人ホームや高齢者用集合住宅などの個室も1部屋の場合が多いですが、家具が備え付けで引き取りが不要になり、その分費用が抑えられる事例もあります。

2DK~2LDKの遺品整理の価格はいくら?

60,000円〜180,000円
1Kなどの単身者向けアパートよりは屋内面積が広くなる分、ご遺品の量も必然的に上がる場合がほとんどです。
2部屋以上の間取りになれば、家具の量も増えることで金額にも大きく差が出ることになります。
部屋の間取りにもよりますが、収納スペースが少なくベランダに物置を置いてあったことでご遺品の量が想像より増えた事例もあります。
また、マンションでもエレベーターが無い状況での作業はスタッフの人数も多めに確保するか、日数を増やして対応しなければならないため、結果的に人件費で予想より上回る場合も。
物の量だけでなく、部屋までの搬出経路も見積りでは大きく影響しますので、一度現地まで行って部屋の状況を確認しておくことをおすすめします。

3DK~4DK以上の遺品整理の費用とは

220,000円〜350,000円以上
遺品整理の事例として実家を売却するなどの事情で、戸建ての家にあるご遺品を全てお引き取りする事例も多くあります。
床下収納やベランダの収納、庭の物置など収納スペースが大量に確保されているケースも珍しくありません。
他にも売却するためにハウスクリーニングや庭木の伐採をご依頼される方もいらっしゃいますので、その場合は別途料金でご案内する流れになります。
戸建てや屋内面積が広いマンションだと、ご家族で物の量を確認するのはとても困難になります。
遺品整理は家族で行う範囲をしっかりと決めて、他は業者に見積りで相談した方が遺品整理を早く終わらせることもできます。

どうして遺品整理の作業によって費用の相場が変わるの?

ご遺品を運ぶスタッフと清掃しているスタッフ
遺品整理の相場は作業の他にも追加オプションによって別途費用が発生したことで合計費用の相場が変わる場合があります。
費用の相場はご遺品の量+作業を行うスタッフの人件費+ご遺品の搬出経路が基本的な料金の内訳になり、ハウスクリーニングや庭木の伐採、ご遺品供養など必要に応じて別途サービス費用が発生する仕組みです。
遺品整理の業者によってはすべての作業をまとめて1社で対応してくれるため、あなたはハウスクリーニングは不動産会社やマンションの管理会社が行ってくれるかどうか、檀家だから供養は決まっている寺院にお願いするなどを確認して、追加オプションが必要になるかどうかを判断することで、遺品整理の費用が抑えられることもできます。
あなたが必要だと思う遺品整理をご判断いただき、予算と相談しながら取捨選択をすることも重要となります。

遺品整理では部屋の清掃にかかる費用と相場はどれくらい?

掃除道具を持っている女性
およそ25,000円~84,000円以上
遺品整理の清掃にかかる相場は清掃を行う箇所と部屋の面積で費用が変わります。
床や壁などの広範囲に及ぶ清掃は高額になりやすいため、部屋の造りや材質によっては張り替えやリノベーション工事を行った方が安く抑えられる事例もあります。
遺品整理を行った部屋が賃貸物件だった場合は、管理会社や不動産会社がハウスクリーニングを行う契約を交わしている場合も多いためハウスクリーニングを依頼する前に必要かどうかを予算に応じて検討しましょう。
清掃の料金を安く済ませたい時には、キッチンや浴室などの水回りだけを依頼することで部屋全体を掃除するよりも安く抑えることができ、床や壁の目立つ汚れだけ自分で拭き掃除するだけでも、お部屋の清潔感は見違えるほど変わることでしょう。

遺品整理では相場だけでなく業者の質も注意が必要です

A社かB社かで天秤にかけている女性
遺品整理の作業はサービス業であるため、人件費やトラックの価格は業者の判断で左右されることもあり、遺品整理業界全体では明確な料金体系が設けられていません。
業者に遺品整理の依頼をしようと数社調べてみたり、実際に現地に複数の業者を招き、相見積りを同じ条件で依頼してもA社が8万円でB社が20万円と、同じ条件なはずなのに大きく価格差が出てしまうケースも珍しいことではありません。
あなたなら「同じ条件だったら安い方を選んだ方がお得じゃない」と、思うことでしょう。
あまりにも他社と比べて高額な見積りであればもちろん安い方を選ぶでしょう。
しかし3社目に来たC社が4万円だったら、あなたはC社を選ぶでしょうか?
依頼する遺品整理は同じ条件なのに金額に大きな差が出てしまうのは、料金体系が業者によって変わるため『この依頼人なら他社より安くすれば成約できる』と、見積りに来た業者が成約欲しさに値踏みして価格を下げたり、逆に『ここの仕事は物も多いし、階段も多いから断りたい』と、不自然に高い金額を提示して依頼人に断らせることも起こり得る可能性があり、金額に差が出てしまう原因の一つだと考えられます。
あなたがこれから遺品整理を始めようと思った時、ぜひ業者の対応をチェックしておきましょう。

  • 遺品整理の費用はご遺品の量+作業を行うスタッフの人件費+ご遺品の搬出経路が基本料金
  • 供養や清掃など追加オプションが必要かどうかを確認して最小限にすれば費用は抑えられる
  • 遺品整理の業者を選ぶ時は担当者の対応などをチェックしておく

遺品整理の依頼を承っている私たちが常に配慮していることは、お客様とのコミュニケーションです。
部屋の片付けにお困りの方、初めて遺品整理を行う方にとっては戸惑うことも多く、時間も体力もたくさん使って困ってしまう方がほとんどです。
困っている方にこそ親身に寄り添い、分かりやすく親切で話しやすい人となれるよう一つひとつ気を付けています。

遺品整理や片付けで費用や作業について分からないことがあれば、いつでもお気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • Pocket